CROSS COVER NET

クロスカバーネット工法

HOME | 事業紹介 | クロスカバーネット工法

安全性・施工性を向上させた老朽化吹付法面対策の新工法


既設モルタル・コンクリート吹付をはつり取らない
既設吹付法面を残したまま、既設吹付面との接着効果を高めた接着モルタルを吹付け、平線金網と可撓性に富んだワイヤーロープにて表面を覆い一体化することで既設吹付と背面の風化土砂を併せて抑え、法面の安定化を図る工法です。
(※大きな空洞がある場合や既設吹付が機能していない場合は取り壊しや注入等が必要となります。)
特長
安全性の向上

平線金網及びワイヤーロープを表面に被覆する構造により、半永久的にモルタルの剥離が防げるため、第三者への安全性が向上します。また、剥ぎ取り作業が無いため、剥ぎ取り時の予期せぬ崩壊による作業員への危険を抑制できます。

抜群の施工性

平線金網は1.9㎏/㎡と軽量、ワイヤーロープは0.3㎏/mと軽量かつ可撓性に富んだ軽量でシンプルな部材構成としているので、法面での作業が容易です。

産業廃棄物の低減

吹付材に混和剤を添加することで、吹付材の分離抵抗性と自立性が向上し、リバウンドロスの発生が低減できます。また、既設の吹付材を剥ぎ取ることなく施工するので、産業廃棄物の低減にもつながり

 

構造

シンプルな部材構成。
平線金網及びワイヤーロープは亜鉛アルミ合金メッキを施しているため、錆に強く、耐用年数が大幅に向上します。
 

概要
 

 
   
1.接着モルタル吹付
 特殊混和剤(液状ミクロカーボン繊維)を添加することにより接着効果を高め、既設吹付面との一体化を図ります。
 
2.補強鉄筋
 ワイヤーロープと金網を固定するために1本/4㎡打設します。風化層厚0.5mまで対応でき、これを超える場合はロックボルトを使用します。基本は人力施工ですが、現場条件により高所作業車での施工も可能で、作業員の負担を軽減できます。
 
3.平線金網
 圧延工程により平線形状にした金網で、Φ2.6㎜の通常の金網と比較して、重量は25%程度軽量となる一方、強度は1.7倍を有しています。
 
4.ワイヤーロープ
 より可撓性に富んだワイヤーロープ(IWRC6×WS(26))を使用することで施工性の向上を図ります。
 補強鉄筋頭部に設置したパイプ付きプレートに掛け渡すことにより、ワイヤーロープ全体で風化土砂の崩壊に対応します。
 静的載荷試験により、平線金網との併用で8.0t(風化層厚1.0m相当)の加重に耐えることを確認しています。

実証実験

 静的載荷試験により8.0t(風化層厚1.0m相当)の荷重に耐えることを確認しています。 
 
 

施工例

2001_20200702114103269.jpg dsc_0650_20200702114103201.jpg img20200702111452320851.jpg pict1364.jpg

お問い合わせ

お問い合わせの際はこちらの お問合せフォーム、または技術管理室 0261-22-1170までお電話ください。